プログラマからSEにステップアップするために必要となる能力とは

SEの仕事は案件を全体的に把握して動かしていくことなので、プラグラマに指示を出したり、クライアントと条件面などについて交渉したりしなければいけません。そのため、SEにはプラグラミングに関する知識だけでなく、マネジメント能力やコミュニケーション能力も求められます。
マネジメントスキルを身に付けるには普段からわかりやすく説明するように心がけたり、部下や後輩ときちんと向き合って相手の長所や短所を把握したりすることが大切です。また、部下や後輩を管理するには常に冷静に物事に対処していかなければいけないので、ある程度は自分の感情もコントロールできるようにしておく必要があります。
コミュニケーション能力を身に付けるには相手の目線に立って物事を考えるようにすることが大切です。そうすれば、相手が今して欲しいことやして欲しくないことがわかってくるので、円滑にコミュニケーションが取れるようになります。また、円滑にコミュニケーションを取るには相手に自分の言っていることを納得させる必要があるので、論理的に物事を説明できるようにしておくことも大切です。