SEになるとクライアントの要求通りのアプリを作れるように全体像を考えるスキルが必要

プログラマからSEにステップアップするために必要なスキルはどんなアプリを作るかという全体像を考えるスキルです。プログラマは決められた目的に沿ったコードを作るだけでいいですが、SEはまずどんなアプリを作るかを考える必要があります。きちんとした全体像を作らないと何をしたらいいのかプログラマが分からなくなり困ってしまいます。そのため、クライアントの要求通りのアプリを作れるように全体像を考えるSEの仕事は非常に大事です。また、クライアントとしっかり打ち合わせをすることもSEの大切な仕事です。クライアントがどんなアプリを望んでいるか正確に知ることでクライアントを満足させるアプリを作ることができます。せっかくアプリを作ってもクライアントから不満がでれば何度も作り直さないといけなくなるリスクがあるので、SEがしっかりクライアントと打ち合わせをすることは大事です。また、クライアントにどんなアプリを作ったほうがいいかアドバイスをするのもSEの大事な役割です。