システム開発の流れの多くを担当するSEはプログラミングだけではない

企業のシステム部門などでシステム開発の仕事に関わっている場合、全体的な流れをまず掴むことでPG職とも呼ばれているプログラマーからSE職とも呼ばれていて人気が高いシステムエンジニアへステップアップする道筋が見えてくると思います。
システム開発の流れとしては、まず、顧客から新しいシステムの要望や要件を具体的に聞き出してシステムの形を作っていくことから始まります。出来上がった形を基にプログラムを作るためのルール作ったのちに、このルールに基づいてプログラムを作り、これが正しいかどうかを確認して完成します。プログラマーが担当するのは、プログラムを作る部分のみであることが多いですが、システムエンジニアは、この流れの大半を担当することが多いです。
したがって、システムエンジニアにスキルアップするには今のプログラミング技術を高めるだけでなく、お客さんとの打ち合わせや部署間との連携が正しくとれるようなコミュニケーション能力を身につけたり、さらに高めたりする必要があります。