SEにはコミュニケーション能力も問われる

まず、SEと呼ばれているシステムエンジニアの仕事は、プログラマーのようにパソコンに向かって黙々とプログラムを打ち込んだり、バグというエラーを修正したりする作業も行いますが、それ以上に顧客と打ち合わせを通じて目的の製品の仕様を決めたり、方針を具体的に作成したりする方に時間が割かれます。
つまり、求められる能力としては、企業や分野によって異なりますが、専門学校や大学などで専門的に学ぶことができるプログラミングスキルに加えて、お客さんとの会話を通じて必要な事項を聞き出したり、場を円滑に進めたりする能力などのヒューマンスキル、所謂コミュニケーション能力に重点が置かれることが多いです。
したがって、プログラマー(PG)からシステムエンジニアになるためには、まずは、同じプログラマーとして働いている同僚や上司との報連相を確実なものにするなどして、コミュニケーション能力を磨いていこうと意識することが第一ではないかと思います。