プログラマーからステップアップしました

プログラマーとしてソフトウェアの商品開発に携わっていましたが、あまり増加傾向にないため、製品開発業務は下火になってきました。社内でも人員調整などもあり、できる仕事をふやしていかねばならず、プログラマー以外で仕事として何かできないかと思い、ネットワークスペシャリストとして資格を取得するなど、スキルアップすることにしました。他には様々な分野を開発するためにネットワーク構築業務やデーターベースのサポート業務など、環境構築を行い、顧客先でのサポートなどしっかり行うようにしました。やはり色々とサポートが必要になるため、計画的に業務を行うことは大切になります。プログラマーからステップすることができ、新たな知識を増やすことができたので、業務も次第に広がっていったのが自分でもわかるようになりました。色んな仕事ができるようになると、任される業務も幅広くなりチャレンジ意欲がでて、楽しく感じるようになりました。