作業者から設計者へ

プログラミングの現場では大きく、プログラマーとシステムエンジニア(SE)で業務内容が異なります。

プログラマーは基本的に設計をせず、渡された設計書通りのプログラムを書くのが仕事です。

一方でSEの仕事は顧客の要求分析から実際に作成するプログラムの仕様検討までをおこないます。プログラマーに比べてより上流の業務が中心になります。

必要なスキルは顧客から要求をヒアリングする能力とそれを実際の設計へ落とし込み能力です。

プログラマーからSEへは実業務の中で段階的のステップアップして移行するケースが多いようですが、前述した通り顧客とのコミュニケーションや要求を実際の設計落とし込むスキルが必要となりますので、ベースとなる技術的な知識はもちろんのこと、相手が何を求めているのかをよく理解し、実際に成果物としてアウトプットする能力を磨くことが必要です。

プログラマーの皆さんは今の業務の中で、より上位の開発者がやっている業務を少しづつ肩代わりして行くことでスムーズにSEに必要なスキルを得られると思います。