SE次第でアプリのクオリティが違ってくるほど重要なポジション

一般的にSEの方がプログラマよりも高い報酬をもらえます。プログラマはSEから指示されたコードを書く仕事なので自分でアプリを作るためのアイデアを出さなくていいケースが多いです。SEになるとプログラマに何のコードを書くかを指示する仕事をしなくてはならないので責任が非常に重くなります。プログラマのときとは違っていろいろな範囲の知識を身につけておかないといけないので何年も経験を積んだ人でないとSEになることは難しいです。きちんとした計画を作ってからアプリを制作しないとクライアントから頼まれた期限に間に合わなくなってしまうリスクがあります。どのプログラマに何のコードを書いてもらうかを決めることをしなくてはならないのでどのプログラマがどんなスキルを持っているかを把握することもSEの大事な仕事です。SEの仕事の出来次第でアプリのクオリティが違ってくるので、高いスキルがあるプログラマのみがSEになることを目指した方がいいです。

SEになるとクライアントの要求通りのアプリを作れるように全体像を考えるスキルが必要

プログラマからSEにステップアップするために必要なスキルはどんなアプリを作るかという全体像を考えるスキルです。プログラマは決められた目的に沿ったコードを作るだけでいいですが、SEはまずどんなアプリを作るかを考える必要があります。きちんとした全体像を作らないと何をしたらいいのかプログラマが分からなくなり困ってしまいます。そのため、クライアントの要求通りのアプリを作れるように全体像を考えるSEの仕事は非常に大事です。また、クライアントとしっかり打ち合わせをすることもSEの大切な仕事です。クライアントがどんなアプリを望んでいるか正確に知ることでクライアントを満足させるアプリを作ることができます。せっかくアプリを作ってもクライアントから不満がでれば何度も作り直さないといけなくなるリスクがあるので、SEがしっかりクライアントと打ち合わせをすることは大事です。また、クライアントにどんなアプリを作ったほうがいいかアドバイスをするのもSEの大事な役割です。

プログラマからSEにステップアップするために必要となる能力とは

SEの仕事は案件を全体的に把握して動かしていくことなので、プラグラマに指示を出したり、クライアントと条件面などについて交渉したりしなければいけません。そのため、SEにはプラグラミングに関する知識だけでなく、マネジメント能力やコミュニケーション能力も求められます。
マネジメントスキルを身に付けるには普段からわかりやすく説明するように心がけたり、部下や後輩ときちんと向き合って相手の長所や短所を把握したりすることが大切です。また、部下や後輩を管理するには常に冷静に物事に対処していかなければいけないので、ある程度は自分の感情もコントロールできるようにしておく必要があります。
コミュニケーション能力を身に付けるには相手の目線に立って物事を考えるようにすることが大切です。そうすれば、相手が今して欲しいことやして欲しくないことがわかってくるので、円滑にコミュニケーションが取れるようになります。また、円滑にコミュニケーションを取るには相手に自分の言っていることを納得させる必要があるので、論理的に物事を説明できるようにしておくことも大切です。