WEBサイト開発環境XAMPPの概略

WEBサイトをapache,MySQL,php(またはperl)で構築するなら開発環境(開発したアプリをテストする環境)としてXAMPP(ザンプ)を使うのがよいでしょう。
XAMPPのAはapache、MはMySQL、Pはphp、もうひとつのPはPerlであり、一そろいの実行環境を含んでいます。
あとは、EclipseやNetBeansなどのIDEを使えば、すべてお金をかけずに構築できます。
前の項でも触れましたが、定番であるだけに、ある程度の日本語情報があります。
XAMPPは、apache、MySQL、php、perlを組み合わせたものなので、それぞれのどのバージョンが含まれているのかを事前によくチェックしておきましょう。
必ずしも最新バージョンだけが自分が使いたいものとは限らないと思います。

XAMPPのサイトは、よく模様がえするかもしれませんが、おおむねトップページには最新バージョンのダウンロード用ボタンやリンクなどが配されています。
よく探せば、過去分はsourceforgeのサイトからダウンロードできます。